1990年代に結成されたバンド、Dizzy Mizz Lizzyは2010年の再結成以来、アルバ ムの発表やツアーなど精力的に活動しています。 2010年にリリースされたDizzy Mizz Lizzyのギタリスト、ティム・クリスチャン センのシグネチャーモデルも、元々は母国デンマークのみでの発売だったのです が、急遽世界発売され日本でも限定100台がすぐに売り切れ、人気のほどをうかが わせました。 今回登場するDIZZASTERは、Dizzy Mizz Lizzyのベーシスト、マーティン・ニール センがデンマークにあるビンテージショップGuitar Hunter(Guitarhunter.dk) とのコラボレートでつくり上げたシグネチャーモデルです。世界で250台しか生産 されず、日本のみ弊社より販売され、それ以外の国ではGuitar Hunter社からの独 占販売のみとなります。

DIZZASTERは単なるオーバードライブではなく、コンプレッションやEQとのコ ンビネーションとなったユニークな仕様を持ったモデルとなっています。ベーシ ストだけではなく、ギタリストにも使っていただけるオーバードライブです。 Dizzy Mizz Lizzyのファンでなくとも、個性的なオーバードライブサウンドがほ しいミュージシャンにお勧めします。日本国内は50台の数量限定、布製ポーチや 木箱も付属しています。

[主な特徴]
デンマークの著名なビンテージショップGuitar Hunterの代表、ペーター・ドイル とのコラボレーションにより、Dizzy Mizz Lizzyのベーシスト、マーティン・ニー ルセンのシグネチャーモデルとしてCarl Martinよりリリースされました。

長年に渡り数々のペダルやアンプを試してきたマーティンにとって、それらを組 み合わせたベストのサウンドをいかに容易に、しかし堅牢で確実に再現できるパ ッケージで実現できるかを模索していました。Carl Martin社の技術チームがマー ティンと意見を何度も交換し、さらにペーター・ドイルとの協力により商品化が実現したのです。

DIZZASTERはコンパクトながら実は複合的なペダルで、コンプレッション、ドライ ブ、EQ、パラレルミキシング、そしてバッファーといった5つの要素から成り立っています。

オーバードライブセクションの前に配置されたコンプレッションは、強力にかかるものの非常に反応のよいタイプで、ユニークなオーバードライブと相まって、ハイパワーなチューブタイプのベースアンプを鳴らしたようなキャラクターを再現します。

これらに続くEQセクションではパッシブタイプとアクティブタイプとを組み合わ せた構成になっており、その特性もチューブアンプのキャラクターづくりに貢献します。 さらに最終段にあるパラレルミキシングによってベースからのダイレクトシグナ ルとエフェクトセクションを通ってきたシグナルとがブレンドされ、最終段の音 に色付けをしないバッファー回路(エフェクトがオフの場合でも動作)によりローインピーダンスに変換されて出力されます。つまり音痩せのないベースオーバードライブサウンドを、長いケーブルを使用した際でも極めてローノイズで出力します。

またREMOTEジャックを装備しているので、例えば足元にDIZZASTERを置かずにラッ クシステムに設置する場合でも、TRSプラグを使ってフットペダルやスイッチコン トロールによってエフェクトのオン/オフを操作可能です(TRSジャックのTipと Ringがショートした状態でDIZZASTER のエフェクトはバイパスとなります。なお REMOTEジャックにプラグが挿入された場合、本体のフットスイッチは効かなくなります)。

[仕様]
■コントロールノブ: BLEND、ATTCK、LEVEL、DRIVE
■フットスイッチ: BYPASS
■入力インピーダンス: 900 kΩ(RFIフィルター装備 = 高周波混信除去)
■出力インピーダンス: 200 Ω
■S/N比: 57 dB
■外形寸法: 122 (W)×94 (D)×58 (H) mm
■重さ: 438 g
■消費電流: 27 mA
■電源: 9V角型乾電池、または汎用9V出力ACアダプター (別売り、センターマイナ ス、50mA以上、2.1mm径)